土日勉強したくない会社員が資格を取るなら宅建士がおすすめ【業界問わず】

土日勉強したくない会社員が資格を取るなら宅建士がおすすめ【業界問わず】
会社員におすすめな資格ってある?
ねっこ
ユン
宅建士がいいよ!
不動産の仕事してなくても大丈夫?
ねっこ
ユン
もちろん!たくさんのメリットがあるよ

こんな人におすすめ

  • 資格を取って現状を変えたい
  • 土日は勉強したくない
  • 宅建士に興味がある

不動産業じゃなくても合格できる

ユン

私は不動産業ではありませんが、会社員をしながら宅建士をサクッと取得することができました。
土日に勉強したのは試験前の2か月間だけです。
計画的に勉強するなら土日の勉強いらないと思います。

宅建士は不動産業界の社員じゃなくても取得メリットのある資格です。

この私が解説します。

会社員が資格を取るなら宅建士がおすすめ!7つの理由

男性会社員に限られちゃう話?
ねっこ
ユン
そんなことないよ!男女どちらにもおすすめだよ

宅建士はおすすめ① 能力アップ

会社員として自分の能力がアップします。

宅建士の知識の幅

  • 不動産全般
  • 宅地・建物
  • 民法

意外かもしれませんが宅建士は民法の知識も問われます。

生活するうえで民法の知識があれば法的で理論的な考え方ができるようになるため能力アップにつながります。

宅建士はおすすめ② キャリアアップ

現在勤めている会社でのキャリアアップも可能です。

不動産業とかけ離れた仕事だと資格の力を発揮する場面がないかもしれません。

ですが、経理や総務など知識が問われる部署で活用できること。

周囲から向上心を認められ、キャリアアップにつながるケースは大いにあります。

宅建士はおすすめ③ 給与アップ

資格手当がついている会社であれば月5千~3万円の給与アップが可能です。

不動産業界であれば2~3万円ですが、不動産業以外だとやや低めの設定です。

たとえ資格手当がなかったとしても、キャリアアップとともに給与アップが見込めます。

宅建士はおすすめ④ 転職に有利

不動産業界であれば宅建士は持っていてほしい資格です。

その理由は、宅建業を営む会社は5人に1人以上の割合で宅建士が必要になるからです。

これは法律で定められているルールなので業界は無視することができません。

不動産業界の募集要項を見てみると、宅建士の有無や手当について書かれていることが大半です。

それくらい転職に有利な資格です。

宅建士はおすすめ⑤ 不動産賃貸&購入時の役に立つ

不動産業界はグレーな商売をしている会社も少なくありません。

よくある話では

  • 仲介手数料取りすぎ
  • 住宅ローン関係
  • 不動産トラブル

このような場面で宅建士の知識があれば解決可能です。

身近な話であれば、賃貸物件の仲介手数料問題です。

本来であれば0.5ヵ月分で済むところ、1か月分取られてしまった経験はないでしょうか。

このように知識があれば解決できる問題がたくさんあります。

将来、不動産を買うかもしれませんよね。

大きな買い物になるので損をしないためにも宅建士を持っていると助けになります

宅建士はおすすめ⑥ 腐りにくい資格

宅建士は腐りにくい資格です。

どういうことかというと、宅建士を持っていればラフな働き方ができるからです。

不動産会社の中には終身雇用を求めていない会社もあります。ですが、宅建士がいなくてはならない場面もあります。

そんな時、一定期間だけ働くスタイルがうまれます。

宅建士は働きたい時に働くことができる資格なので、腐りにくい資格といえます。

宅建士はおすすめ⑦ 価値があるのに取りやすい

これまで宅建士は価値があることを紹介してきましたが、その割には取りやすい資格です。

取りやすい理由

  • 勉強しやすい
  • だれでも受験できる
  • 毎年3万人ほどの合格者

宅建士は「価値の割に取りやすい」という話であって「簡単」というわけではないので注意してください。

ですが、毎年3万人ほどの合格者がいるのですから勉強すれば誰でも取れる資格なのは間違いありません。

忙しい会社員にこそ宅建士をすすめる理由

忙しい会社員でも取れる?
ねっこ
ユン
もちろん取れるよ!
だけど勉強場所必要だよね?
ねっこ
ユン
どこでも勉強できるのが宅建士の良さだよ

仕事や家庭で忙しい会社員にこそ宅建士はおすすめです。

その理由から説明します。

宅建士は勉強場所に困らない

勉強場所に困らないのが宅建士の良さです。

宅建士は知識を積み重ねる学習のため、座っての勉強が必要ありません。

そのため、満員電車で立ちながらでも勉強が可能です。

私が勉強していた主な場所は

  • 電車の中
  • 会社の休憩時間
  • 仕事後のカフェ

本を1冊持っていれば、省スペースでどこでも勉強ができます。

よく言われるスキマ時間でサクっと勉強できるので、忙しい会社員にはピッタリです。

ポイント

スキマ時間を使うと効率の良い勉強ができる!

宅建士は好きな分野から勉強ができる

宅建士は好きな分野から勉強がはじめられます。

数学のように前の内容がわかっていないと解けなくなってしまう資格ではありません。

そのため資格のスクールに通っても復習する時間が取れないからといって、学習に追いつけなくなることはありません。

忙しくて勉強できない期間ができてしまっても、巻き返せるのが宅建士の良いところです。

宅建士の合格者データ

宅建士の公式が発表している合格者職業別データです。

【平成29年度 合格者職業別内訳】

職業 合格者 構成比 合格率
不動産業 11,235 34% 15%
金融業 3,249 10% 17%
建設業 3,148 10% 10%
他業種 7,532 23% 17%
学生 3,747 12% 17%
主婦 1,288 4% 19%
その他 2,445 8% 18%
合計 32,644 - 16%

ちょっと古いデータなのはご了承ください。

意外にも不動産業の受験者よりも【金融業、他業種、学生、主婦、その他】の人たちの方が合格率が上回っています。

(建設業の人どうした…)

【平成29年度 合格者年代別内訳】

年代 合格者 構成比 合格率
20歳未満 623 2% 13%
20代 12,010 37% 17%
30代 8,994 28% 16%
40代 6,637 20% 15%
50代 3,327 10% 14%
60歳以上 1,053 3% 12%
合計 32,644 - 16%

合格者の年齢は20代・30代の割合が高いですが、幅広い層に人気があることがわかります。

ポイント

  • 全業種
  • 全年齢
  • 男女問わず

人気があり、だれでも合格できる!

合格者データの引用元:https://www.retio.or.jp/attach/archive/108-005_1.pdf

土日に勉強しないプラン

勉強時間ってどのくらい?
ねっこ
ユン
人によるけど200時間くらいで合格が見えてくるよ
どんなペースで勉強したらいい?
ねっこ
ユン
具体例をあげるよ!

【平日のみ勉強の場合】

通勤(往復) 30分
仕事の休憩時間 30分
仕事後のカフェ 1時間
1日 合計 2時間

1カ月間 40時間
5カ月間 200時間

毎年10月が試験なので、5月の途中から勉強開始で間に合うことになります。

もし土日を使ったり1日の勉強時間が増やせれば、さらに勉強期間は短くしたり、合格しやすくなります。

【実体験】忙しい会社員でも宅建士は取れる

もしかしてユンくんの話?
ねっこ
ユン
そうだよ。こんな生活でも合格できる!って話をするよ

忙しい会社員が合格した話

忙しい会社員でも宅建士は取得できます。なぜかというと私が合格できたからです。

私は会社員として経理が本職で、不動産業とは関連ありませんでした。

残業が多かったこともあり

  • 行き帰りの電車
  • 休憩時間

が主な勉強時間でした。

それでも平日は毎日勉強して、休日に勉強したのは試験前の2か月間だけでした。

合格者の中でもゆっくりした勉強スタイルかと思います。

電車では座ることができないので、勉強時間のほとんどは立って勉強でした。

それが継続できたからこそ合格できたと思っています。

こんな私でも合格できたので

  • 勉強場所が確保できない
  • 忙しくて勉強できない
  • でも資格はほしい

そんな方に宅建士はおすすめです。

忙しい会社員はやっぱり独学?

私の意見としては

  • 独学
  • 講座

どちらもOKです!

独学はやる気に満ちあふれていたり、自信がないと厳しいのかなと思います。

講座を受けたくても忙しくて通えないということであれば、通信講座を選ぶのもアリです。

通信講座なら

  • 安く受講できる
  • 合格実績が高い
  • 自分のペースで勉強ができる

このようなメリットがあるので、自分のスタイルで勉強していくのが合格のコツです。



宅建士は通信講座でお得に合格!


プロの講師が動画で授業を進めてくれるので、場所を選ばず学習ができます。
動画があれば繰り返し再生ができるので、もう授業においていかれる心配がありません!
WEBツールも充実しているので、学習が楽しく続けられます。
価格は大手通学の半額以下なので、独学をするよりもずっと安心です。


せっかくなら実績のある講座を選びたいですよね?
そこで、合格者を大勢輩出している人気講座を3つ厳選しました。
それぞれ特徴が違うので、あなたにピッタリの講座がみつかります。


宅建士おすすめ通信講座比較&ランキング


宅建士のまとめ



関連記事


宅建士の試験概要

宅建士の試験概要【令和3年度】実施日程や出題形式など

宅建士(宅地建物取引士)の試験概要は下記のとおりです。 受験資格 誰でも受験可 申込方法 インターネットor郵送 受験料 7,000円(非課税) 試験日 10月の第3日曜日 試験時間 13時~15時(2時間) 出題形式 4択のマークシート 合格発表 12月の第1水曜日または11月の最終水曜日 この記事では、試験の詳細を項目に分けて解説しています。目次からのジャンプも可能です。私は宅建士をしているので、役立つアドバイスを含めてお届けします。 もくじ宅建士試験の実施日程受験資格試験地申込方法試験科目と問題数お ...

つづきを読む

宅建士の平均合格率と推移【難易度は需要があるわりに取りやすい】

宅建士の平均合格率と推移【難易度は需要があるわりに取りやすい】

この記事でわかること 過去10年分の合格率をチェック 宅建の難易度を解説 最近の傾向がわかる これから宅建士を目指す方に向けて、毎年の合格率から最近の傾向までお伝えします。 私は宅建士をしていますが、他にも複数の資格をもっています。資格慣れしている私からみると、宅建士の難易度は「需要があるわりに取りやすいおすすめの資格」です。難易度を独自の視点から解説します。 もくじ宅建士の平均合格率と推移合格率の推移平均合格率は16.3%受験者は増加傾向宅建士の難易度はどのくらい?合格するには上位15%以内に入ること難 ...

つづきを読む

【経験者が回答】宅建士は独学できる!始め方とメリット・デメリット

【経験者が回答】宅建士は独学できる!始め方とメリット・デメリット

「宅建士の資格がほしい」「できれば独学で合格したい」 このような方に向けての内容です。 そんな私は、宅建を独学した一人です。結果、一発で合格することができました。 独学はややリスクがある学習ですが、決してムリではありません! この記事は、これから宅建を始める人にとって、独学の心がまえと始め方がわかります。 ユン経験者としての意見も書くので、参考にしていただけると幸いです。 もくじ宅建士は独学できる!勉強時間はどれくらい?いつから勉強を始める?宅建士の学習範囲学習の割合上位16%ほどが合格する試験独学の始め ...

つづきを読む

「宅建で毎年落ちる人の特徴5つ」とんでもない勘違い【対策あり】

「宅建で毎年落ちる人の特徴5つ」とんでもない勘違い【対策あり】

宅建で落ちる人たちには〝共通した特徴〟があります。今回は、落ちてしまう人の特徴を5つと改善方法を紹介します。その特徴を事前に知って失敗を避けつつ宅建に合格することが目的です。自分はそのような特徴をもっていないか、一緒に考えてみましょう。

つづきを読む

宅建を始めるなら独学と講座どっちがおすすめ?両方経験した合格者が解説

宅建を始めるなら独学と講座どっちがおすすめ?両方経験した合格者が解説

宅建を始めるのに独学と講座で迷っている方の悩みを解消します。宅建は講座が圧倒的に有利です。独学は手軽に勉強が始められる分、挫折者・不合格者が大勢います。宅建は一発合格が狙える資格です。講座の力を利用してサクッと合格しちゃいましょう。

つづきを読む