宅建士はお客さんの敵?意外と知られていない宅建士の役割と価値

宅建士はお客さんの敵?意外と知られていない宅建士の役割と価値

宅建士について疑問

悩み猫

  • 宅建士は何のために必要?
  • 宅建士の価値を知りたい

このような疑問を解決します。

宅建士の役割を知ることで、宅建士がどのくらい価値があるものなのかわかるようになります。

私は不動産会社で働いた経験があり、宅建士の資格も持っています。

そんな私が解説をします。

宅建士はお客さんの敵?宅建士の役割とは

宅建の資格はよく耳にするけど、なんで必要なの?
ねっこ
ユン
宅建士の役割は一言で言うなら『お客さんの保護』だよ
お仕事なのにお客さんの味方になっちゃうの!?
ねっこ
ユン
意外だよね!その仕組みをわかりやすく説明するよ

宅建士の役割① お客さんの保護

宅建士の役割は『宅地・建物の買い手となるお客さんを保護する』ことです。

例えば

買い手(お客さん)が宅地を購入(または賃借)を検討しているとします。

宅地を買う時はたいてい不動産会社から購入することになります。

そんなとき、売り手である不動産会社は専門知識や経験がある一方、買い手は知識も経験もなく不利です。

このままでは買い手側は不当な契約を結ばされてしまうかもしれません。

ここで宅建士の出番です。

不動産会社は、お客さんに判断を誤らないように宅地・建物に関する重要な内容を説明する「重要事項の説明」が義務付けられています。

この「重要事項の説明」は国家資格である宅建士にだけしか認められていません。

このように知識・経験で不利になってしまうお客さんを保護するために宅建士は存在します。

ポイント

国はお客さんを保護するために「重要事項の説明」を不動産会社に義務付けている。

その「重要事項の説明」が許可されているのは宅建士だけ。

宅建士の役割② 3つの独占業務

宅建士の独占業務

1.重要事項の説明

2.重要事項の説明書への記名・押印

3.契約書への記名・押印

宅建業を行うのに必須事項であり、これらの行為は宅建士だけにしか許されていません。

これを業務独占資格といいます。それぞれを細かく見ていきましょう。

独占業務1 重要事項の説明

「重要事項の説明」はお客さんに判断を誤らせないようにする説明をいいます。

説明書の内容は「物件の法的な制限」や「ライフラインの整備状況」など判断材料に必要な事項が書かれています。

この説明は宅建士が行うものですが、お客さんの承諾があっても省略はできず、必ず説明しなければなりません。

もし説明しなかった場合、宅建業者には罰則が科せられてしまいます。

それくらい重要な説明です。

独占業務2 重要事項の説明書への記名・押印

説明のほかに「重要事項の説明書への記名・押印」も宅建士が行わなければなりません。

「責任の所在を明らかにする」サインです。

お客さんとの間で「説明した」「説明していない」というくい違いを防ぐために必要な行為です。

独占業務3 契約書への記名・押印

契約書とは、物件を購入(または賃貸)を決めたお客さんに対してトラブルを防ぐための書類です。

契約書の内容は、「物件の引渡し時期」や「損害の負担」といったトラブルになりそうな内容をあらかじめ知らせる書類です。

重要事項の説明とは違って、お客さんに対して書類を発行するだけでよく、説明する必要はありません。

しかし「契約書への記名・押印」は宅建士が行わなければならない行為です。

宅建士の役割③ 宅建士が一定割合必要

宅建業をするには宅建士が一定割合いなければ営業することができません。

どういうことかと言うと

⇒宅建業を営む時は一つの事務所において、従業員5人に1人以上の割合で設置が法律で義務付けられています。

例えば、宅建業を営業する会社で

5人までの事務所なら宅建士は最低1人

6人いる事務所なら宅建士は最低2人

宅建士の設置義務があります。

このように事務所や人数が増えればその割合に応じて宅建士が必要になるということです。

とても重要な役割を担っていることがわかっていただけると思います。

※宅建業とは…宅地建物取引業のことで、宅地や建物の取引を業として行うこと。

簡潔に言えば不動産取引の大部分を占めるものです。

宅建士の価値

宅建士がいないと宅建業ができないってことがわかったよ
ねっこ
ユン
宅建士の重要性がわかってくれて嬉しいよ
それなら宅建士って価値があるってことでいいのかな?
ねっこ
ユン
そうだね。それにはいろんな角度からからどれくらい必要とされているかを知るといいよ

宅建士の価値はこの3つから説明できます。

  • 会社
  • 個人

宅建士を必要とするそれぞれの立場から見ていきましょう。

宅建士の価値① 国からみた宅建士の重要性

宅建士は国家資格としての価値があります。

その価値を知るには国の立場から考えてみるとわかりやすくなります。

国は国民を守るために存在しており、個人にとって不動産はとても大きな買い物です。

ですが、不動産は金額が大きいだけでなく、素人には良し悪しの判断がしにくい商品でもあります。

そのため不動産のプロから個人であるお客さんを守る仕組みを作りました。

それが宅建士という国家資格の始まりです。

国からみた宅建士の重要性

  • お客さんの保護
  • 独占業務を有する国家資格
  • 資格としての質を落とさないこと

お客さんの保護という観点から宅建士は生まれているので、どの要素も欠かせないものです。

国民を守る法律である以上、知識がしっかりと備わっていなければ宅建士になることはできません。

あいまいな知識では国民を守ることができないからです。

「資格としての質を落とさない」という点では、試験が相対評価になっていることがポイントです。

相対評価とは試験の合格点があらかじめ決まっているのではなく、試験の後に合格点を決める評価方法です。

合格点を上げれば上げるほど合格者を少なくすることができるため、資格の価値を保つことにつながります。

近年の傾向では合格率は15%程度であり、毎年3万人前後の合格者が排出されています。

このように宅建士は宅地・建物のプロとして価値ある存在に保つ仕組みが作られています。

ポイント

宅建士は独占業務があり、合格率が一定割合で限られているからこそ価値が保たれている。

宅建士の価値② 会社側からみた宅建士の需要

宅建業を営業する会社は宅建士を必要としています。

それは営業するのに欠かせない存在だからです。

この記事の前半でも触れたように宅建業をするためには法律でこの2つが定められています。

①宅建士にしか許されていない独占業務がある

②宅建士を一定割合設置する義務がある

この内容があるため、最低でも宅建士は1人必要になり、大規模になればなるほど必要な宅建士の数も増えていきます。

年に1度しかない試験のため宅建士の数も限られていますから、報酬も多く出さなければ宅建士を集めることができません。

業界経験のない宅建士だったとしても資格手当として月5千円~3万円の給与が上乗せされます。

業界経験のある宅建士は即戦力として貴重ですから転職市場ではもっと価値のある存在になることは間違いありません。

求人サイトを見てみると、宅建士の需要は途切れることがないくらい多いので、持っていればよほどのことがない限り職が見つからないことはなさそうです。

宅建士の価値② 個人からみた宅建士の可能性

宅建士はとても万能な資格です。

国と会社側からみた宅建士の需要のとおり、宅建士の価値がある程度担保されていることがわかります。

個人からみた宅建士の使い勝手としてはこちらのとおり

  • 会社員として働く
  • 副業として使う
  • 他の資格との相乗効果を狙う
  • 独立して起業する

宅建士になったあと、会社員として働くのが一般的ではありますが、その他の可能性についても見てきましょう。

宅建士で副業

宅建士は副業としての可能性もあります。

会社で宅建士の設置が一定数間に合っていたとしても、お客さんが予想以上に多いなどの理由で「重要事項の説明」が間に合わない場合が存在します。

  • 遠方に出ていて対応できない
  • お客さんのアポが重なってしまう
  • 予定していた宅建士が急遽出られない

宅建士をギリギリの人数でやりくりしている場合はこのようなケースが起こります。

そんなとき、会社側は専任の宅建士(事務所に常駐する人)以外にも宅建士を確保しておけると安心です。

普段の業務は間に合っているけど、ワンポイントとして活動してほしいといった副業形態です。

このように副業としても活躍できるのが宅建士です。

※念のため注意書きをしておきますが「名義貸し」といって常駐しないのに専任の宅建士として登録するなど、宅建業法に違反する行為はNGです。

副業することについては問題ないので、宅建業法を守って活動するようにしましょう。

他の資格との相乗効果を狙う

宅建士はいろんな資格と相乗効果が狙える資格です。

不動産系の資格は宅建士以外にも多くあります。

例えば

  • 不動産鑑定士
  • マンション管理士
  • 管理業務主任者 など

不動産の専門性を高めることができるだけじゃなく、ダブルライセンスが取りやすいメリットもあります。

不動産系の資格を中心に攻めることで、出題される試験範囲が重なることが多いからです。

省エネで勉強できて、なおかつ専門性が高まるので関連ある資格を取っていくのはおすすめのやり方です。

ここで紹介したように、不動産系の資格で固めるのも良いですが、業界に特化しなくても相性の良い組み合わせは存在します。

ダブルライセンスを持って活躍している人で、私はこのような人たちを知っています。

FP×宅建士

社労士×宅建士

行政書士×宅建士

不動産の販売をする人や管理会社として働く人たちが、このような掛け合わせで働いています。

不動産業は相談に乗ることや、手続きをすることが多い業界です。就きたい仕事に合わせて資格を掛け合わせると相乗効果を発揮しやすくなります。

宅建士と相性の良い組み合わせはこの他にもありますが、大きな分類で見るとこのようになります。

宅建士と相性が良い組み合わせ

金融系×宅建士

法律系×宅建士

先ほど紹介したFP、社労士、行政書士もここに当てはまりますね。

ダブルライセンスを取得することで働き方の幅を利かせることができるので

  • 会社でのキャリアアップする者
  • 個人で活動して収入アップする者

このように待遇が良くなったりや収入アップが見込めます。

良いことはそれだけではなく、ダブルライセンス取得者じたい多くないので

  • 嫌な仕事を断る
  • 好きな時に働く

といったように多少のわがままが許されたり、自由な働き方ができるのも魅力です。

これを見ている読者さんも宅建士取得を見越して、もう一つ資格を手にしたいという意欲が増したのではないでしょうか。

資格がたくさんあると…

ユン

私は宅建士×簿記×FPを取得しています。

真面目に仕事をしている中で多少のわがままも許されています。

いつでも転職できるという心の余裕があるのでラクな気持ちで仕事ができています。

これも資格が多いメリットだと思います。

宅建士で起業する

不動産業は経験を積んで独立するケースが多くあります。

不動産は人がいるかぎり需要がたえず存在することから市場規模が多いことも要因です。

私の周りにも不動産業界で働いた後に起業する人を何人もいて

  • 賃貸を専門に扱う
  • 賃貸+売買のどちらも扱う
  • 不動産投資

このように事業内容はさまざまです。

中には宅建士を自分で取得しないで、宅建士を持っている従業員を雇うことで事業を成立させている人もいます。

ですが、自身で取ってしまった方が事業としての活動しやすいことは言うまでもありません。

できる限り宅建士を自力で取得して、不動産業界で経験を積めば起業の可能性も開けます。

まとめ:宅建士になりたい方へ

宅建士って思ったよりいろんな可能性がある資格なんだね!
ねっこ
ユン
そうだよ!今回の内容の完結にまとめるよ

今回は宅建士の役割と価値についてお話しました。

完結にまとめると

  • 宅建士の役割
    ⇒お客さんの保護
  • 宅建士の価値
    ⇒国家資格として独占業務があり、合格率が一定割合で限られている。そのため市場からの需要が絶えず存在する。

宅建士は使い方次第で自分の価値を何倍にも高めることができる資格です。

  • 収入をアップ
  • 待遇を良くする
  • やりたい仕事に就く

こんな未来にすることができます!

宅建士は本業、副業どちらで使うこともできる動きやすい資格です。

うまく活用して今後の仕事に役立ててください。



宅建士は通信講座でお得に合格!


プロの講師が動画で授業を進めてくれるので、場所を選ばず学習ができます。
動画があれば繰り返し再生ができるので、もう授業においていかれる心配がありません!
WEBツールも充実しているので、学習が楽しく続けられます。
価格は大手通学の半額以下なので、独学をするよりもずっと安心です。


せっかくなら実績のある講座を選びたいですよね?
そこで、合格者を大勢輩出している人気講座を3つ厳選しました。
それぞれ特徴が違うので、あなたにピッタリの講座がみつかります。


宅建士おすすめ通信講座比較&ランキング


宅建士のまとめ



関連記事


宅建士の試験概要

宅建士の試験概要【令和3年度】実施日程や出題形式など

宅建士(宅地建物取引士)の試験概要は下記のとおりです。 受験資格 誰でも受験可 申込方法 インターネットor郵送 受験料 7,000円(非課税) 試験日 10月の第3日曜日 試験時間 13時~15時(2時間) 出題形式 4択のマークシート 合格発表 12月の第1水曜日または11月の最終水曜日 この記事では、試験の詳細を項目に分けて解説しています。目次からのジャンプも可能です。私は宅建士をしているので、役立つアドバイスを含めてお届けします。 もくじ宅建士試験の実施日程受験資格試験地申込方法試験科目と問題数お ...

つづきを読む

宅建士の平均合格率と推移【難易度は需要があるわりに取りやすい】

宅建士の平均合格率と推移【難易度は需要があるわりに取りやすい】

この記事でわかること 過去10年分の合格率をチェック 宅建の難易度を解説 最近の傾向がわかる これから宅建士を目指す方に向けて、毎年の合格率から最近の傾向までお伝えします。 私は宅建士をしていますが、他にも複数の資格をもっています。資格慣れしている私からみると、宅建士の難易度は「需要があるわりに取りやすいおすすめの資格」です。難易度を独自の視点から解説します。 もくじ宅建士の平均合格率と推移合格率の推移平均合格率は16.3%受験者は増加傾向宅建士の難易度はどのくらい?合格するには上位15%以内に入ること難 ...

つづきを読む

【経験者が回答】宅建士は独学できる!始め方とメリット・デメリット

【経験者が回答】宅建士は独学できる!始め方とメリット・デメリット

「宅建士の資格がほしい」「できれば独学で合格したい」 このような方に向けての内容です。 そんな私は、宅建を独学した一人です。結果、一発で合格することができました。 独学はややリスクがある学習ですが、決してムリではありません! この記事は、これから宅建を始める人にとって、独学の心がまえと始め方がわかります。 ユン経験者としての意見も書くので、参考にしていただけると幸いです。 もくじ宅建士は独学できる!勉強時間はどれくらい?いつから勉強を始める?宅建士の学習範囲学習の割合上位16%ほどが合格する試験独学の始め ...

つづきを読む

「宅建で毎年落ちる人の特徴5つ」とんでもない勘違い【対策あり】

「宅建で毎年落ちる人の特徴5つ」とんでもない勘違い【対策あり】

宅建で落ちる人たちには〝共通した特徴〟があります。今回は、落ちてしまう人の特徴を5つと改善方法を紹介します。その特徴を事前に知って失敗を避けつつ宅建に合格することが目的です。自分はそのような特徴をもっていないか、一緒に考えてみましょう。

つづきを読む

宅建を始めるなら独学と講座どっちがおすすめ?両方経験した合格者が解説

宅建を始めるなら独学と講座どっちがおすすめ?両方経験した合格者が解説

宅建を始めるのに独学と講座で迷っている方の悩みを解消します。宅建は講座が圧倒的に有利です。独学は手軽に勉強が始められる分、挫折者・不合格者が大勢います。宅建は一発合格が狙える資格です。講座の力を利用してサクッと合格しちゃいましょう。

つづきを読む