【初心者向け】宅建士とはどんな資格?仕事内容、平均年収を簡単に解説!

【初心者向け】宅建士とはどんな資格?仕事内容、平均年収を簡単に解説!

宅建士とは

悩み猫

  • どんな資格?
  • 平均年収は?
  • 難しいの?

初心者さんにもわかるように解説します。

宅建士とはどんな資格?

宅建士はどんな資格なの?
ねっこ
ユン
不動産で一番有名な資格だよ

宅建士の資格について

正式名称:宅地建物取引士(宅建士)

宅地や建物の取引をおこなうための国家資格です。

宅建士は独占業務といって、不動産の取引を行う際に宅建士にしか許されていない仕事領域があります。

そのため資格としての価値があり、だれでも受験できることから人気の資格になっています。

不動産取引の専門家として働く、不動産会社の社員が持っていることがあります。

ポイント

宅建士は大人気資格!

宅建士の学習範囲

  • 民法
  • 宅建業法
  • 法令上の制限
  • その他関連知識(税金や不動産の基準など)

簡単にまとめると

宅建業+民法

だと思ってもらえるとわかりやすいと思います。

ポイント

意外かもしれませんが、法律知識として【民法】も含まれる

宅建士の仕事

宅建士はどんな仕事をするの?
ねっこ
ユン
不動産の賃貸や販売に関わる人が多いよ

宅建士の仕事内容

宅建士を活かした仕事

  • 不動産賃貸
  • 不動産売買
  • 不動産管理 など

この中でも一番身近なのが「不動産賃貸」です。

  • アパマンショップ
  • エイブル
  • ミニミニ

といった賃貸取引で有名な会社は誰もが知っていることでしょう。

不動産会社が賃貸などの取引をする際は宅建士による説明義務があります。

そのため宅建士がいなければ取引が成立しないため大切な役割を担っています。

ポイント

この説明義務が宅建士の独占業務の一つ

平均年収

宅建士の平均年収は約400万円~626万円

平均年収でいわれてもあまりピンと来ない人がいるかもしれません。

宅建士は手当がつくことが多く、相場は月2~3万円です。

よって、一般的な年収+24万~36万円と思って良さそうです。

ここからキャリアを積んでいけるので将来的に増加傾向にあり、さらなる収入アップも見込めます。

宅建士の試験概要と難しさ

宅建士って難しいの?
ねっこ
ユン
簡単じゃないけど、数か月で取れる資格だよ!

まずは試験概要から説明します。

【宅建士の試験概要】

問題形式 4択のマークシート
問題数 50問
試験時間 2時間
合格基準 合格点は毎年変動
合格率 15%程度
試験日 10月の第3日曜日

※登録講習修了者は45問で1時間50分

宅建士の難しさは不動産業界の専門知識ということもありますが、年間1回しか試験がないことが厳しい状況を生みだしています。

合格率は15%程度で、毎年20万人前後が受験しますが、その85%が落ちてしまう難しさです。

勉強期間の目安は4~9ヵ月

合格者の多くは5月には勉強を始めていることが多いようです。

私の合格体験

ユン

私は2月にゆっくり勉強を始めて一度で合格できました。

勉強時間さえ確保できればどなたでも受かる試験です!

≫ 参考:【体験談】私はこの勉強方法で合格しました

宅建士を始めてみよう!

宅建士の勉強を始めるなら

  • 独学
  • 資格の講座

どちらでもOKです!

  • 勉強に自信あり⇒独学
  • 効率重視⇒講座

教室に通うタイプの大手のスクールも良いですが最近では、大手の半額以下で受けられる通信講座の実績がとても高く人気です。

気になる方へお進みください!

≫ 宅建士のおすすめ通信講座を比較&ランキング

≫ 宅建士の独学用おすすめテキスト



宅建士は通信講座でお得に合格!


プロの講師が動画で授業を進めてくれるので、場所を選ばず学習ができます。
動画があれば繰り返し再生ができるので、もう授業においていかれる心配がありません!
WEBツールも充実しているので、学習が楽しく続けられます。
価格は大手通学の半額以下なので、独学をするよりもずっと安心です。


せっかくなら実績のある講座を選びたいですよね?
そこで、合格者を大勢輩出している人気講座を3つ厳選しました。
それぞれ特徴が違うので、あなたにピッタリの講座がみつかります。


宅建士おすすめ通信講座比較&ランキング


宅建士のまとめ



関連記事


宅建士の試験概要

宅建士の試験概要【令和3年度】実施日程や出題形式など

宅建士(宅地建物取引士)の試験概要は下記のとおりです。 受験資格 誰でも受験可 申込方法 インターネットor郵送 受験料 7,000円(非課税) 試験日 10月の第3日曜日 試験時間 13時~15時(2時間) 出題形式 4択のマークシート 合格発表 12月の第1水曜日または11月の最終水曜日 この記事では、試験の詳細を項目に分けて解説しています。目次からのジャンプも可能です。私は宅建士をしているので、役立つアドバイスを含めてお届けします。 もくじ宅建士試験の実施日程受験資格試験地申込方法試験科目と問題数お ...

つづきを読む

宅建士の平均合格率と推移【難易度は需要があるわりに取りやすい】

宅建士の平均合格率と推移【難易度は需要があるわりに取りやすい】

この記事でわかること 過去10年分の合格率をチェック 宅建の難易度を解説 最近の傾向がわかる これから宅建士を目指す方に向けて、毎年の合格率から最近の傾向までお伝えします。 私は宅建士をしていますが、他にも複数の資格をもっています。資格慣れしている私からみると、宅建士の難易度は「需要があるわりに取りやすいおすすめの資格」です。難易度を独自の視点から解説します。 もくじ宅建士の平均合格率と推移合格率の推移平均合格率は16.3%受験者は増加傾向宅建士の難易度はどのくらい?合格するには上位15%以内に入ること難 ...

つづきを読む

【経験者が回答】宅建士は独学できる!始め方とメリット・デメリット

【経験者が回答】宅建士は独学できる!始め方とメリット・デメリット

「宅建士の資格がほしい」「できれば独学で合格したい」 このような方に向けての内容です。 そんな私は、宅建を独学した一人です。結果、一発で合格することができました。 独学はややリスクがある学習ですが、決してムリではありません! この記事は、これから宅建を始める人にとって、独学の心がまえと始め方がわかります。 ユン経験者としての意見も書くので、参考にしていただけると幸いです。 もくじ宅建士は独学できる!勉強時間はどれくらい?いつから勉強を始める?宅建士の学習範囲学習の割合上位16%ほどが合格する試験独学の始め ...

つづきを読む

「宅建で毎年落ちる人の特徴5つ」とんでもない勘違い【対策あり】

「宅建で毎年落ちる人の特徴5つ」とんでもない勘違い【対策あり】

宅建で落ちる人たちには〝共通した特徴〟があります。今回は、落ちてしまう人の特徴を5つと改善方法を紹介します。その特徴を事前に知って失敗を避けつつ宅建に合格することが目的です。自分はそのような特徴をもっていないか、一緒に考えてみましょう。

つづきを読む

宅建を始めるなら独学と講座どっちがおすすめ?両方経験した合格者が解説

宅建を始めるなら独学と講座どっちがおすすめ?両方経験した合格者が解説

宅建を始めるのに独学と講座で迷っている方の悩みを解消します。宅建は講座が圧倒的に有利です。独学は手軽に勉強が始められる分、挫折者・不合格者が大勢います。宅建は一発合格が狙える資格です。講座の力を利用してサクッと合格しちゃいましょう。

つづきを読む