【合格体験談】宅建を始めるなら独学と講座を併用した勉強法は?

【体験談】宅建を始めるなら独学と講座を併用した勉強法は?私はこうして合格しました

宅建を始めるときの悩み

悩み猫

  • なるべく安く抑えたい
  • 独学したいけど不安がある
  • 合格レベルの実力をつけたい

このすべての悩みを解決するのが、私が実践した

✅独学(勉強前半)

✅講座(勉強後半)

組み合わせた勉強法です。

この勉強法により、私は宅建を1回目で合格しました。

宅建士を目指す人にとって、両方の良いとこ取りの方法になっているので、勉強の参考にしてみてください。

独学と講座を併用した勉強法

独学と講座を併用した勉強法ってどーゆーこと?
ねっこ
ユン
基礎部分は独学で身につけて、応用部分を講座に頼った方法だよ

独学と講座を併用した勉強法とは

基礎知識 ⇒ 独学

応用知識 ⇒ 講座

両方を併用した勉強法です。

具体的なスケジュール

勉強開始~8月 独学

8~10月 講座

10月 宅建試験

独学期間では市販のテキストを使って基礎知識をマスターさせます。

講座では基礎講義に申し込む必要はないので、本試験に向けてテスト形式の講義に申し込みをします。

そうすることで

学びやすい基礎知識は安価で済み

本試験に向けての応用知識は講座で実力を伸ばす

良いところだけを取った勉強ができるというわけです。

なぜこんな勉強法に?

ユン

私は当初、独学だけで本試験に挑むつもりでした。ところが、ある日から点数が思うように伸びなくなってしまいます。
そこで途中から講座に通って実力をつけようとしたため、このような勉強ルートになってしまいました。
なので現在独学で頑張っている人にも使える方法です!

独学と講座を併用した勉強法の効果

この勉強法がどれくらい効果を発揮するのかまとめました。

試験の結果:一発合格
試験の点数:合格点+1点
勉強開始:2月
勉強時間:250時間
費用:46,860円(税込)

費用の内訳は後半で公開します。

大手の資格のスクールが提供しているフルコース受講は15万~20万円なので、比較すると価格は抑えられています。

勉強時間に対してかかった費用から考えると、併用した勉強法は候補に入れても良い選択肢と言えそうです。

一般的な勉強開始時期は4・5月頃が多いのに対し、私は2月からなので少し早く始めています。

これは講座に通う計画をしていなかったので、ゆっくりと勉強をしたかったのが理由です。

ゆっくり勉強したい人は1・2月くらいから始めると良いと思います。

合格に向けた勉強方法

講座を受けるまでにどれくらい勉強したらいいの?
ねっこ
ユン
できれば本試験レベルにしておく必要があるよ

基礎知識をたくわえる独学期間にどのレベルまで達している必要があるか気になりますよね?

体感としては、本試験レベルの問題を60%は解けるようにしておかないと講義についていけなくなります。

過去問なら50問のうち30点が目安です。35点あると余裕が出てきます。

講座の難易度は[本試験よりちょっと下~本試験レベル]なので決して簡単ではありません。

独学期間の勉強量

講義を受けに行くまでの独学期間中におこなった私の勉強量はこのとおり

【独学期間:2~8月】

  • マンガ宅建 1周
  • テキスト 2周
  • 過去問12年分 2周

これくらい勉強しておけば、講座を受けに行ってもついていけるようになっています。

ただ、これくらい勉強しても新しい問題を解こうとすると30~35点程度です。

本試験の合格目安は35~38点なので、安心して受かるにはもっと勉強が必要になります。

講座期間の勉強量

講座に通い始めて~本試験までの勉強量はこのとおり

【講座期間:8~10月】

  • 講座の問題(8回分)
  • テキスト 3周目
  • 過去問12年分 3周目
  • 予想問題集 3冊

このくらい勉強すると合格ラインに到達します。

実際、私はここに書いた以外の勉強はしていないので、ある程度参考になると思います。

この勉強量で本試験の合格点+1点ですから、もっと安心して合格ラインに達したいならさらに勉強が必要ということになります。

最低でもこのくらいは勉強できるように計画をしておいた方がよさそうです。

独学・併用・講座の比較

それぞれどんな特徴があるのか知りたいな
ねっこ
ユン
4タイプの勉強方法を比較してみるよ

宅建士の独学、併用、講座の比較

【独学と講座を併用したときの内訳】
独学 教材6冊 13,860円
講座 全8回 33,000円
合計 46,860円(税込)

私が実際に使った6冊の教材はこちら記事で公開しています。

≫ 参考:宅建士おすすめ独学教材

勉強期間の後半で受講したコースは『答練パック』といってテスト形式での講座でした。

大手の通学コースだったため結構お高めです。

こうして料金を比較してみると、併用は大手の通学タイプと比較するとかなり安く抑えられますが通信講座と比較すると意外にも中間くらいです。

独学期間で波に乗れずに失敗するリスクを考えると、もう少しお金を出して始めから通信講座で合格を確かなものにする選択肢もアリかもしれません。

大手通学講座のポイント

ユン

私が受講したのは、資格の学校の大手であるTACの『答練パック』コースです。
問題と解説の時間を分けて講義をしてくれるもので、テスト形式のため自分の順位や偏差値もわかります。
自分がどの順位にいるか一目でわかるので、焦りとやる気がかき立てられました。

独学と講座の併用のメリット・デメリット

聞いてるかぎりだと結構良い勉強法だと思ったよ!
ねっこ
ユン
ありがとう!けどデメリットもたくさんあるよ

まずはメリットから見ていきましょう。

独学と講座を併用したメリット

メリット

  • 自分のペースで勉強ができる
  • 大手講座の初学者向けコースより安い

自分のペースで勉強できるのが最大のメリットです。

私は宅建を初めて勉強するのに、苦手意識を植えつけずに勉強を進めたいと思っていました。

2月からゆっくり勉強を始め、徐々に勉強時間を増やすことで勉強のツラさをやわらげることに成功しました。

このように好きなタイミングとペースで勉強できるのが、独学と講座を併用した最大のメリットです。

独学と講座を併用したデメリット

デメリット

  • 基礎学習が間に合わないと不合格一直線
  • 通信講座によっては価格差があまりない
  • 手厚いサポートが受けられない場合がある

本音をいうと、宅建は基礎知識を独学するだけでも結構苦労します。

専門性の高い不動産の資格なので、教えてもらいながらの方が効率的なのは言うまでもありません。

応用問題だけの講座に参加して感じたデメリットとして「手厚いサポートが受けられない」ということがあります。

基礎講座から受講してた人たちにだけ配られるプリントや参考書があったり、違いがみられました。

このあたりは支払っている料金が違うので当然と言えば当然です。

応用講座からでもサポートがないわけではありませんが、価格に見合った内容となっていると感じました。

独学と講座の併用におすすめな人

  • 宅建試験の経験者
  • 費用をなるべく抑えたい
  • 自分のペースで勉強したい

この勉強法で一番大事なことは「自主的に勉強できる人」であることです。

自主的に勉強ができないと、基礎がいつまでも身につかず、試験どころか応用講座にも間に合いません。

「今年、宅建を受験する!」と言って勉強を始めたものの、途中で挫折する人を何人も見てきました。

  • 自主的に勉強した経験
  • 宅建取得に燃えている
  • とにかく安さ重視!

そんな人にこそ、独学と講座の併用は向いています。

独学はとても不安だった

ユン

一人で勉強しているとこんなことを考えます。
『本当にこの勉強で合格できるのか』
『自分の現在順位はどれくらいなのか』
これは独学ならではの不安です。そう思ったときに講座の必要性を感じました。

独学と講座の併用 懸念点

気をつけた方がいいことだね
ねっこ
ユン
宅建を勉強するからには慎重に選んでほしいからね

懸念点① 実はほぼ独学

独学と講座の併用は「独学と講座の良いところ取り」と伝えましたが、中身はほとんど独学に頼った勉強になります。

それは勉強期間の大部分は独学しているからです。

実際に私は10ヵ月間のうち8ヵ月間は独学していて、合格までの最後の一押しを講座に頼りました。

大部分は自主的な独学になるため、勉強の意欲が高い人にしか向いていません。

懸念点② 激安なわけではない

独学ほど安く済ませられるわけではないのが残念な点です。ただ、大手の初学者コースよりは安いのは確かです。

価格を抑えた勉強を目的にしているのであれば通信講座も候補になります。

最近では、通信講座の実績がとても伸びていて、基礎講座からでも安く学ぶことができます。

中途半端に独学をして不合格(1年棒に振る)よりは、通信講座で基礎講座からしっかり学んだ方が理解度が高く、独学よりも少ない時間で合格できると思います。

まとめ:独学と講座の併用

なるほど。併用と言っても独学中心だからリスクがあるってことだね
ねっこ
ユン
そのとおりだよ。勉強に慣れている人にとっては良い勉強法だよ

今回は「独学と講座の併用」について話をしました。

独学で合格する自信がある人には価格を抑えられる良い勉強法だと思います。

その反面、自信がない人は初学者コースからの受講をおすすめします。

宅建は本気で勉強すれば1年かからずに1回目の受験で合格できる資格です。

私の周りでは本気度が高い人はみんな1回目で合格しています。逆に意欲がさほど高くない人は何度も受験して落ちています。

宅建は年に1度しか開催されない特別な試験なので、2回目の受験からは意欲が落ちてしまいがちです。

宅建を受験するからには絶対に1回目で取る覚悟で挑みましょう!



宅建士は通信講座でお得に合格!


プロの講師が動画で授業を進めてくれるので、場所を選ばず学習ができます。
動画があれば繰り返し再生ができるので、もう授業においていかれる心配がありません!
WEBツールも充実しているので、学習が楽しく続けられます。
価格は大手通学の半額以下なので、独学をするよりもずっと安心です。


せっかくなら実績のある講座を選びたいですよね?
そこで、合格者を大勢輩出している人気講座を3つ厳選しました。
それぞれ特徴が違うので、あなたにピッタリの講座がみつかります。


宅建士おすすめ通信講座比較&ランキング


宅建士のまとめ



関連記事


宅建士の試験概要

宅建士の試験概要【令和3年度】実施日程や出題形式など

宅建士(宅地建物取引士)の試験概要は下記のとおりです。 受験資格 誰でも受験可 申込方法 インターネットor郵送 受験料 7,000円(非課税) 試験日 10月の第3日曜日 試験時間 13時~15時(2時間) 出題形式 4択のマークシート 合格発表 12月の第1水曜日または11月の最終水曜日 この記事では、試験の詳細を項目に分けて解説しています。目次からのジャンプも可能です。私は宅建士をしているので、役立つアドバイスを含めてお届けします。 もくじ宅建士試験の実施日程受験資格試験地申込方法試験科目と問題数お ...

つづきを読む

宅建士の平均合格率と推移【難易度は需要があるわりに取りやすい】

宅建士の平均合格率と推移【難易度は需要があるわりに取りやすい】

この記事でわかること 過去10年分の合格率をチェック 宅建の難易度を解説 最近の傾向がわかる これから宅建士を目指す方に向けて、毎年の合格率から最近の傾向までお伝えします。 私は宅建士をしていますが、他にも複数の資格をもっています。資格慣れしている私からみると、宅建士の難易度は「需要があるわりに取りやすいおすすめの資格」です。難易度を独自の視点から解説します。 もくじ宅建士の平均合格率と推移合格率の推移平均合格率は16.3%受験者は増加傾向宅建士の難易度はどのくらい?合格するには上位15%以内に入ること難 ...

つづきを読む

【経験者が回答】宅建士は独学できる!始め方とメリット・デメリット

【経験者が回答】宅建士は独学できる!始め方とメリット・デメリット

「宅建士の資格がほしい」「できれば独学で合格したい」 このような方に向けての内容です。 そんな私は、宅建を独学した一人です。結果、一発で合格することができました。 独学はややリスクがある学習ですが、決してムリではありません! この記事は、これから宅建を始める人にとって、独学の心がまえと始め方がわかります。 ユン経験者としての意見も書くので、参考にしていただけると幸いです。 もくじ宅建士は独学できる!勉強時間はどれくらい?いつから勉強を始める?宅建士の学習範囲学習の割合上位16%ほどが合格する試験独学の始め ...

つづきを読む

「宅建で毎年落ちる人の特徴5つ」とんでもない勘違い【対策あり】

「宅建で毎年落ちる人の特徴5つ」とんでもない勘違い【対策あり】

宅建で落ちる人たちには〝共通した特徴〟があります。今回は、落ちてしまう人の特徴を5つと改善方法を紹介します。その特徴を事前に知って失敗を避けつつ宅建に合格することが目的です。自分はそのような特徴をもっていないか、一緒に考えてみましょう。

つづきを読む

宅建を始めるなら独学と講座どっちがおすすめ?両方経験した合格者が解説

宅建を始めるなら独学と講座どっちがおすすめ?両方経験した合格者が解説

宅建を始めるのに独学と講座で迷っている方の悩みを解消します。宅建は講座が圧倒的に有利です。独学は手軽に勉強が始められる分、挫折者・不合格者が大勢います。宅建は一発合格が狙える資格です。講座の力を利用してサクッと合格しちゃいましょう。

つづきを読む