宅建を始めるなら独学と講座どっちがおすすめ?両方経験した合格者が解説

宅建を始めるなら独学と講座どっちがおすすめ?両方経験した合格者が解説
宅建を始めたいけど独学と講座どっちにしよう?
ねっこ
ユン
迷ってるなら講座にするといいよ
それはなんで?
ねっこ
ユン
一言でいうと独学は過酷だからだよ

 

宅建はおよそ200~300時間ほどの勉強が必要と言われています。

「独学ができる」と聞いていたのに、試験に落ちてしまう人が85%もいます。

そんな悲惨な結果は避けたいものです。

 

私は独学から勉強を始めて、途中から講座に変更しました。

その結果、一度の挑戦で合格できました。

独学と講座の両方を経験したからこそわかる視点で解説をします。

 

宅建を始めるなら独学と講座どっちがおすすめ?

宅建は独学できるって聞いたよ?
ねっこ
ユン
そのとおり!だけど独学をして落ちる人も残念ながらたくさんいるんだよ

 

独学と講義で迷いがあるなら→講義がおすすめです。

迷っているということは、講義の良さも考えているからこそですよね?

それなら独学がいかに厳しいかを知ってからでも遅くはありません。

それでも独学で進みたいという意思が強いのであれば頑張ってほしいと思います。

独学をすすめない理由を2つあります。

 

独学は挫折・不合格が多い

宅建での独学は挫折者・不合格者が多いのが特徴です。

その理由は難しい勉強を長時間しなければならないからです。

合格者に必要な勉強時間は200~300時間ほどと言われています。

勉強期間にすると4~9か月くらい。

 

多くの人は仕事や家事とは別に時間を作って勉強しなければならないため、集中力とモチベーションが続きません。

さらに独学は諦めやすいということもあります。

テキストなど市販で買える教材はあまりお金がかかりません。

「宅建は自分には向いてないや」と投げ出しがちです。

 

宅建は価値ある国家資格なのにとてももったいない行為です。

勉強さえ続けば誰でも合格できる資格ですからね。

独学の良くないところが出てしまうわけです。

 

独学は不動産業のプロでも難しい

不動産業で仕事にする人でも落ちる人が多いのが宅建です。

宅建の公式が公開しているデータではなぜか不動産業に関わっている人の方が合格率が低めです。

≫ 参考:宅建士の合格者データ(別記事の途中へジャンプ)

おそらくですが、会社から言われてイヤイヤ受けに来た人が混じっているからだと思います。

 

それにしても不動産業の人は5点免除という優遇措置があったり、日々の業務で有利なはずです。

その不動産のプロでも落ちるのは専門用語や宅建のルールが覚えにくいからです。

このように優遇されたプロでも落ちてしまう資格です。

シロウトの独学合格が厳しいということがわかってもらえたと思います。

 

独学で上位15%に入れる自信はありますか?

上位15%って聞くと難しそう…
ねっこ
ユン
みんな勉強している中で上位に入らなきゃいけないからね

 

宅建は合格点が試験後に発表される試験で、毎年上位15%程度しか合格者を出しません。

不合格目線でみると85%の人たちが落ちる試験です。

試験が1年に1度しかないので受験者はみんな必死で勉強するのに・・・です。

 

挫折しやすい独学で最後まで勉強をやりぬき、さらにライバルたちにも勝たなければ合格はできません。

これができる自信がある人だけ独学の道に進んで良いと思います。

 

怖がらせることばかり言ってしまってすみません。

もし、あなたが過去に宅建以外の資格で独学合格してるなら独学の道もいいかもしれません。

ちなみに私はFP2級を独学で合格しましたが、宅建の難しさは2段階くらい上だと感じました。

安易に独学の選択は避けた方がよさそうです。

 

講座ならすべて解決!

講座なら解決できるの?
ねっこ
ユン
講座は独学にはない良さがたくさんあるよ

 

講座を選んだ場合

  • 勉強時間が短くなる
  • スマホなどのツールが使える
  • 読むだけじゃないから覚えやすい
  • 楽しく学べて続きやすい
  • 質問ができる

講座の特徴は聞いているだけで勉強が進むという手軽さですね。

 

宅建は不動産関連の用語やルールをたくさん覚えなければいけません。

独学は読むだけの学習がメインになってしまいますが、講義であればもっと効果的な学習ができます。

講義を受けることにより目で見て耳で聞くという五感を多く刺激した学習になるからです。

覚えやすさは段違いなのは世間的にも、私の体感でも実証されています。

 

さらに、独学のテキストでは細かいところまで説明されていない内容も、講義なら詳しく解説されます。

独学ではイメージしにくかったことも講義ならあっさりクリアできます。

 

たしかに独学は安く済みます。

ですが、効果的な勉強をすることによって、苦しい勉強時間が短くできたり、合格まで押し上げてくれるのならお金をかける価値が十分あると言えるでしょう。

 

講座の力を実感

ユン

講座を受けたことによって伸び悩んでいた点数が合格ラインまで押し上げられました。
講座は独学では体験できなかったことを明確に感じました。
それは過去の例題や実例など、宅建に関する余談をしてくれる点です。
その宅建の話がきっかけになって難しい範囲が覚えられるようになりました。

 

講座のポイント

  • 挫折が少ない
  • 覚えやすくなる
  • 合格しやすくなる

独学の問題が解消しやすくなるのが講座のメリットです。

 

宅建をいつから始める?

いつから始めよう?
ねっこ
ユン
今年が間に合うなら今からがいいよ!

 

宅建の試験は1年に1度で10月の後半に開催されます。

宅建の学習期間は4~5か月あれば本試験に間に合うといわれています。

ゆっくり勉強を始める人もいるので学習開始は人それぞれです。

勉強時間の目安は200~300時間なので、月50時間を想定すると計画が立てやすいと思います。

 

もし今年受験できるなら挑戦するべきです!

理由は単純で、宅建の試験は難しくなる傾向にあるのと、受験者のレベルが上がってきているからです。

これは資格の学校の講師が口をそろえて言っているので間違いないことです。

私も過去問を解いてきたのでわかりますが、現在に近づくにつれて難しくなっていました。

でも安心してください!

難しくなっていると言っても"少しずつ"ですからね。

 

とにかく早くに活動できた方が良いことはたしかです。

宅建士になるのが1年遅れてしまうと生活環境が変わってしまう可能性がありますからね。

すぐにでも宅建士になって活動の場を広げましょう!

 

宅建を始めてみよう!

どうやって宅建を始めたらいいかな?
ねっこ
ユン
おすすめがあるよ!

 

宅建は講座がおすすめですが通学するほどではありません。

動画講義がメインの通信講座で十分です。むしろ、ここ数年では通信講座の方が優れています。

 

宅建は言葉で説明してくれる講師さえいればいいので、動画講義で済ませられます。

動画講義なら好きなときに勉強ができるし、わからないところがあれば繰り返し見ることができるのでとても便利!

 

それと通学タイプとの大きな違いは料金です。

大手通学タイプの相場は17万円くらいですが、通信講座は2万~9万円くらいです。

半額以下の料金で合格が狙えるのは通信講座の圧倒的メリットです。

 

通信講座の実績ってどうなの?
ねっこ
ユン
いい質問だね!合格実績で選ぶこともできるよ

 

合格実績で選ぶなら通信講座大手のフォーサイトですね。

フォーサイトは自社の合格率を公表していて、毎年全国平均を上回っている評判の講座です。

講義動画にも力を入れていて、テキスト・問題集など一式そろっているコースもあります。

 

フォーサイト以外にも安さで選びたいなどさまざまな要望があると思います。

ツールが豊富な通信講座を比較しているのでこちらも合わせてご覧ください。

≫ 宅建士の人気講座比較&ランキング



宅建士は通信講座でお得に合格!


プロの講師が動画で授業を進めてくれるので、場所を選ばず学習ができます。
動画があれば繰り返し再生ができるので、もう授業においていかれる心配がありません!
WEBツールも充実しているので、学習が楽しく続けられます。
価格は大手通学の半額以下なので、独学をするよりもずっと安心です。


せっかくなら実績のある講座を選びたいですよね?
そこで、合格者を大勢輩出している人気講座を3つ厳選しました。
それぞれ特徴が違うので、あなたにピッタリの講座がみつかります。


宅建士おすすめ通信講座比較&ランキング


宅建士のまとめ



関連記事


宅建士の試験概要

宅建士の試験概要【令和3年度】実施日程や出題形式など

宅建士(宅地建物取引士)の試験概要は下記のとおりです。 受験資格 誰でも受験可 申込方法 インターネットor郵送 受験料 7,000円(非課税) 試験日 10月の第3日曜日 試験時間 13時~15時(2時間) 出題形式 4択のマークシート 合格発表 12月の第1水曜日または11月の最終水曜日 この記事では、試験の詳細を項目に分けて解説しています。目次からのジャンプも可能です。私は宅建士をしているので、役立つアドバイスを含めてお届けします。 もくじ宅建士試験の実施日程受験資格試験地申込方法試験科目と問題数お ...

つづきを読む

宅建士の平均合格率と推移【難易度は需要があるわりに取りやすい】

宅建士の平均合格率と推移【難易度は需要があるわりに取りやすい】

この記事でわかること 過去10年分の合格率をチェック 宅建の難易度を解説 最近の傾向がわかる これから宅建士を目指す方に向けて、毎年の合格率から最近の傾向までお伝えします。 私は宅建士をしていますが、他にも複数の資格をもっています。資格慣れしている私からみると、宅建士の難易度は「需要があるわりに取りやすいおすすめの資格」です。難易度を独自の視点から解説します。 もくじ宅建士の平均合格率と推移合格率の推移平均合格率は16.3%受験者は増加傾向宅建士の難易度はどのくらい?合格するには上位15%以内に入ること難 ...

つづきを読む

【経験者が回答】宅建士は独学できる!始め方とメリット・デメリット

【経験者が回答】宅建士は独学できる!始め方とメリット・デメリット

「宅建士の資格がほしい」「できれば独学で合格したい」 このような方に向けての内容です。 そんな私は、宅建を独学した一人です。結果、一発で合格することができました。 独学はややリスクがある学習ですが、決してムリではありません! この記事は、これから宅建を始める人にとって、独学の心がまえと始め方がわかります。 ユン経験者としての意見も書くので、参考にしていただけると幸いです。 もくじ宅建士は独学できる!勉強時間はどれくらい?いつから勉強を始める?宅建士の学習範囲学習の割合上位16%ほどが合格する試験独学の始め ...

つづきを読む

「宅建で毎年落ちる人の特徴5つ」とんでもない勘違い【対策あり】

「宅建で毎年落ちる人の特徴5つ」とんでもない勘違い【対策あり】

宅建で落ちる人たちには〝共通した特徴〟があります。今回は、落ちてしまう人の特徴を5つと改善方法を紹介します。その特徴を事前に知って失敗を避けつつ宅建に合格することが目的です。自分はそのような特徴をもっていないか、一緒に考えてみましょう。

つづきを読む

宅建を始めるなら独学と講座どっちがおすすめ?両方経験した合格者が解説

宅建を始めるなら独学と講座どっちがおすすめ?両方経験した合格者が解説

宅建を始めるのに独学と講座で迷っている方の悩みを解消します。宅建は講座が圧倒的に有利です。独学は手軽に勉強が始められる分、挫折者・不合格者が大勢います。宅建は一発合格が狙える資格です。講座の力を利用してサクッと合格しちゃいましょう。

つづきを読む